読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーちゃんがまた遊んでる

レシピの覚え書きと子供の成長記録ブログです。アイコンは子供作の練り切りです。

Anovaの固定具が壊れたので固定蓋を作った

Anovaの固定具が壊れました。ネジ穴がダメになりました。

f:id:machiko-yoka:20170424232128j:image

ネジがパラパラと、次いでネジ穴が落ちてきました。写真を撮ったときはネジ2つは無事でしたが、その後2回ほどの仕様で全部ダメに。

固定具だけ売ってへんかなと探しましたが、ありません。amazon.comのレビューには同じようにネジが落ちてきた人も見られます。

それなりに熱もかかるものだしこんなん消耗品扱いでええから売ったらええんちゃうの。

しかしないもんは仕方がないわと他の固定方法を探し、加熱の際にお湯をためる容器の蓋に固定してしまうタイプのものを見つけました。

こんなん作れるんちゃう?

まず保温するための容器ですね。
以前からこれを使ってました。ポリカーボネート製で99℃までの熱に耐えます。

amzn.to

蓋は買っていませんでしたのでそれを買って作ることに。
リンクうまく貼れないな、、こちらです。

特に難しい作業はないのですが、こんな感じです。

  1. 蓋の端の方に固定具を置いて、内側をボールペンでなぞる。
    f:id:machiko-yoka:20170424233134j:image

  2. なぞった線にそってカッターナイフを入れて円を切り出す。

  3. Anovaが入ることを確認したら、切り口にサンドペーパーを当てて引っかかりをなくす。
    Anovaの金属部分ではなく、黒い部分でちょっと出っ張っているところが引っかかる感じです。
    f:id:machiko-yoka:20170424233306j:image

こんな感じに仕上がります。

f:id:machiko-yoka:20170424233432j:image

これで70℃12時間で使ってみました。
写真は加熱し始め。

 f:id:machiko-yoka:20170429171935j:image

蓋がたわむとか、機材が沈んで下につくとかいうこともなく、これで固定して使っていけそうです。

ちなみにこのカバーは、大きめに切った断熱シートの四隅をつまんでマスキングテープでとめて、

f:id:machiko-yoka:20170424233517j:image

横に織り込んで縫いとめただけのものですが、ないよりはいいかな。さらにバスタオルなどで包めばよりいいのでしょう。

f:id:machiko-yoka:20170424233639j:image

高温に晒されるものなので、蓋もカバーも劣化してきたらこの要領か、他にいい方法があればそれで作り直して使っていきます。

このゴールデンウィークは友人と遊んだり風邪を引いたり、夫と長男はNintendo Switchで遊び、次男は遊ぶ長男の邪魔をし、特に遠出することもなくだらだらと過ごします。

 

ワイングミ

日持ちして形が簡単に崩れないプレゼントおやつを作る必要が出て、なににしよかな〜、クッキーかな〜、干菓子かな〜と思案してたときに思いついたんですよ。

グミや。
おいしいグミつくろ。
お酒好きな人らやからお酒入れよ。いやほぼお酒で。
作ってみたら、あらまあ美味しい。贈り先からは家族で取り合ってると連絡が入りました。

f:id:machiko-yoka:20170427101513j:image

ワインはなんでもいいです。スパークリングでもいいです。

今回私が使ったのはロゼ。

ロゼの場合そのままグミにしたら、小さいからでしょうね、色がボケてだいぶ薄い桃色になってしいます。ちょっと食紅を入れると私たちが知っているロゼの色になります。

使うゼラチンは、ふやかして使うタイプだと液体の一部を取り出してふやかすにもグミの場合使用量が多く、やりにくいです。最近は液体にそのまま振り入れて溶ける粉末タイプというのが出てますのでそちらを使うことをオススメします。

材料:

ワイン  120g
ラニュー糖  20g
水あめ  20g

粉ゼラチン  18g

作り方:

  1. ワインから水あめまでの材料を小鍋に入れてフチがフツフツくるまで沸かす。

  2. 粉ゼラチンを振り入れてよく溶かす。

  3. シリコン型や製氷皿に流し入れる。小さいものだとスポイトなど使うとよいかと。

  4. 冷蔵庫で半日冷やし固め、型から外す。

ほろよいグミ、おすすめです。

最近の息子たち:

・この4月から将棋を始めた長男が腕をめきめきと上げているようで、夫と6枚落ちで真剣勝負な感じ。ついこの間駒の動かし方を知ったのに、子供は早いなと。将棋、合うようで羽生善治さんのをずっと読んでる。

次男が骨つき肉を上手に食べるように。むしろ骨外して与えるとだめというか。
バックリブをむっしゃむしゃやる2歳児。

f:id:machiko-yoka:20170430204822j:image

・あとこの次男、歯磨きに協力的になったかと思われた次男、再び「死んでも磨かれないマン」に。

ひよこ豆のスナック

ジャンクな味、濃い味、美味しいですよね。
子供用にそんなおやつも作ります。

アメリカのフードサイトで見たひよこ豆のスナックがあって、やって見たらほくっとちょっとかりっとスナック菓子っぽくて、味付け自在で素敵。

しかも全量でタンパク質は7g弱。おやつとしてはまあまあええのでは。
クルトンみたいな感じでサラダのトッピングにもなります。

使うひよこ豆ソルレオーネのドライパックのものが簡単で使い切りサイズ、そしてほどよい塩味がついていておすすめです。もう焼くだけでいい感じ。

風味づけは、オニオンパウダーを入れるとスナック菓子的な味になります。
味付けはカレー粉の他ステーキスパイスやふりかけなどもいいかと。
なんなら油をごま油にして青のりかけてもいいんですよ。

f:id:machiko-yoka:20170425194245j:image

作る際の注意として、オーブンで加熱中やかき混ぜている時にボフッと破裂することがあるので、ミトン装着の上での作業がおすすめ。

材料:
ひよこ豆ドライパック 1パック(230g)
オリーブオイル    13g(大さじ1)
カレー粉、オニオンパウダー 各少々

塩          必要なら仕上げに少々

作り方:

  1. オーブンを200℃に温める。ひよこ豆をざるにあげ、5分ほどキッチンペーパーの上に乗せて水気を切る。

  2. ボウルにひよこ豆、オリーブオイル、カレー粉とオニオンパウダー入れて、均一に絡まるまでよく混ぜる。

  3. オーブンシートをしいた天板に2を広げて、10分ごとにかき混ぜながら30〜40分焼く。

  4. 味を見て足りなければ塩をまぶす。

カリホクですよ。

最近の息子たち:

・3日ほど前から2歳の次男、歯磨き大っ嫌いな次男が「歯磨きするよー」で受け身取ってるんですかくらいに華麗に私の前に転がりに来るように。持ってるおもちゃは離さないのでやや磨きにくいものの、顔をボコボコに蹴られていた時代からすると「ええっ?」となる楽さ。 

Anova用のハードケースを買った

Anovaをお使いのみなさん、あのオリジナルケース、微妙に収納に困りません?あと機材の取り出しと収納に手間取りません?

特に収納、私はもう立てて置いておくくらいの頭しかなくてそうしてきてたわけですが、狭い我が家の台所でそそっかしい私が動くとよくぶつかってグラグラッときて、、もうややこしい。

ええもんないか〜ええもんないか〜とamazon.comをうろついていたら、ありましたええもんが。

ハードケース$27ほど+配送料$13ほど。

www.amazon.com

お父ちゃんええ?買うてええ?
四角いからええと思うんよ。持ち出すことあるかどうか分からんけど持ち運べるしええと思うんよ。
ええですか!はい、ポチーッ!!!!!

届きまして、

並べてみます。 

f:id:machiko-yoka:20170423144854j:plain

きゃー小さい。

詰め替えてみます。 

f:id:machiko-yoka:20170423144907j:image

いやんクッションしっかり。

閉じます。

f:id:machiko-yoka:20170423185323j:plain

これでどこにでも一緒にいけるね♡

とりあえずIKEAのこの棚にいらっしゃいな。

f:id:machiko-yoka:20170423144924j:image

スッキリ〜!!

いい。すごくいい。

ケースの強度はランドセルくらいにはありそう。なので持ち運びもそこそこ安心ですし、なんせ収納に場所を取らなくなったというのは助かります。

(amazon.comのアフィリンク貼ってましたが、ブログの引越しに伴いアカウント変えようとしたら作業が途中で進まず面倒になったので解除しています。)

今日の息子:

・長男と一緒に牛乳パックでルッコラとベビーリーフを育てています。
毎週日曜、Eテレで放送される「野菜の時間」がめちゃくちゃ好きな長男が野菜を育てたいと言い出して。
子供の面倒見るのだけでいっぱいいっぱいやしと長らく渋っていたのだけど、簡単な牛乳パック栽培というのが紹介されたのを機にやってみることにしました。
土の処理に困るマンション暮らしには土は捨てられる培養土というのを使うと気楽で良いです。
材料と道具の準備と水やりくらいを私が、監修はEテレと鉄腕ダッシュで知識を仕入れた長男です。

こんな感じでやっています。
私「はーい種まこかー」
息子「葉野菜の種はバラマキ」
私「バラマキってなに」
息子「新宿ダッシュで見なかった?」

私「追肥は1ヵ月後で良いと書いてある」
息子「何使う?化成肥料?有機?」
私「化成!とにかく簡単なやつ買っとくわ」

私「虫対策にネット買うとこー。しかしいっぱいあるね」(百均にて)
息子「虫はキラキラしたのが嫌いだから、この銀色のラインが入ってるネットがいいと思うよ」

本日間引きをして、間引き菜は厚切りのベーコンと一緒にパンに挟んでいただきました。ルッコラとベーコンがナイスマッチ。

f:id:machiko-yoka:20170423190037j:image